AGA治療《自毛植毛》体験談 » カウンセリング対策 » 

自毛植毛のカウンセリングは医師か?カウンセラーか?どっちがいいの?

読了までの目安時間:約 4分

自毛植毛クリニックでは、植毛をする前にカウンセリングを実施します。ほとんどのところが無料で行っているサービスなので、複数のクリニックでカウンセリングを受け、それぞれの見解を聞くことでより自分に合ったクリニックがどこかを比較することもできます。

そこでカウンセリングを受けるときに大事なのは「カウンセラーがどんな人か」です。クリニックによって、専門のカウンセラーが話を聞く場合もあれば、執刀する医者がカウンセラーとして患者に対応するケースもあります。一長一短はあると感じていますが納得のいく植毛を希望するのなら、少なくとも最終的にはしっかりと医者と話ができる所を選ぶのがおすすめです。

カウンセリングを行う理由について考えてみましょう

そもそもなぜ自毛植毛の手術をする前にカウンセリングを行うかですが、ここには医者と患者の間で必要な情報を共有するという目的があるからです。患者は植毛に関して素人の方も多いため、カウンセリングで詳しい説明を受け正しい知識を獲得します。またクリニック側としてみれば患者がどのような仕上がりを希望しているのか、患者の毛髪や頭皮の状態がどうかといったことを知るために必要なプロセスです。もしカウンセラーと医者が別人の場合、カウンセラーはカウンセリングの内容を医師に報告して、それを手術に生かす形になります。

子どもの頃、伝言ゲームをした経験はありませんか?何人もの人に情報を伝え合うゲームなのですが、人が多くなればなるほど最初の話とずれてきます。中には最初の人と最後の人とでは全く異なる内容のメッセージを伝えられることもあります。このように直接会話するのではなく、間に誰か入って、そこを介してやり取りをすると思わぬ誤解を生み出す可能性があります。このため、こちらの伝えたことが相手にきちんと伝わっていないといったことも起こりうるわけです。

カウンセラーが医師だと安心?

また医者がカウンセラーをしているクリニックが安心な理由として、実際に患者(あなた)の頭皮や髪の毛の状態を目視でチェックしてくれる点です。薄くなっている箇所を見て、植毛するにあたって必要な髪の毛の本数やグラフトの数などを判断します。

実際に執刀する医者に診察をお願いした方が、手術当日の流れもスムーズになるでしょう。実際に執刀する医者が見て、自毛植毛できるかどうか、できる場合にどの程度の費用が掛かるのかを説明してもらった方が安心だと思います。ただし、熟練のカウンセラーも医師同様に植毛に必要な本数やグラフト数を経験から瞬時にわかる場合もあります。また、医師と違いカウンセラーは気兼ねなく話せるのも実は結構重要なポイントです。

「医師」という権威が邪魔をしてどうしても医師の意見に流されてしまう方もいるのでこの点については一長一短あります。ただし、別人のカウンセラーが担当した場合、医者とは異なる判断を下してしまう恐れがあるのは当然です。そこでカウンセリングを受けるときには、自分の執刀をしてくれる人がカウンセラーかどうか、または最終的に手術前(手術直前も含む)に医師としっかりと話せる時間が持てるのかは確認しておきましょう。

植毛やカウンセリング訪問に恥ずかしさを感じてしまう方のための対策方法

読了までの目安時間:約 5分

植毛治療を手掛けるクリニックは全国的に数が多く、主要都市の中心部であれば、特別どこか遠くまで出向くこともなく比較的に近いところで植毛治療を受けることができます。

またクリニックを選ぶにあたり初回のカウンセリングを無料で行なっているところも多くあるので気軽に立ち寄れます。しかし、やはり容姿の悩みは自身の行動を鈍らせることが多く、クリニックを訪問することに対して恥ずかしさを感じてしまい、躊躇い(ためらい)、なかなか行動に移せないというのもよくあることです。

では、実際に恥ずかしくて行動に移せない場合はどうしたらいいのか?「勇気を出して」以外にできる方法について見ていきましょう。薄毛に悩んでいてクリニックを訪問したい、カウンセリングを受けたい、でも恥ずかしい。そんな方は参考にしてください。

植毛カウンセリングの恥ずかしさ対策

恥ずかしさを感じてしまう場合の対策方法としては、実際にクリニックに訪問しないという方法があります。薄毛の診断(カウンセリング)は一応在宅のままでも受けることができるクリニックもあります。

通常、クリニックでは問診に続き、診察が行なわれ、現在の頭髪の状況を細かくチェックします。症状を確認した後でそれぞれの状況に即した治療プランが提示されますので、診察で頭髪を確認してもらわなければ話を前に進めることができません。

しかし、クリニックでは何らかの理由(恥ずかしい、忙しい、遠いなど)でクリニックに訪問できない方のために写真を使ったメール相談を受け付けている場合があります。

写真メール相談を活用

通常の手順とは異なり、一部のクリニックでは患者さんがご自身で頭部を撮影した画像を元にカウンセリングをしてくれるケースがあります。

これは全てのクリニックが対応しているサービスではないのですが、指定の角度や部位を自身のスマホやデジカメで撮影し、クリニックのフォームなどから画像を添付して送信する方法になります。対面のカウンセリングと異なり、顔を見られることがなく、あくまでも間接的に写真を通してのカウンセリング(頭髪の状況についての診断)になります。

以前はこうしたサービスはありませんでしたが、最近のカメラはスマホにしてもデジカメにしても非常に高性能で画素数も高く、画像を通じて頭髪の状態を確認することができるようになったのもあるでしょう。

具体的な撮影方法についてはクリニックのホームページに説明があります。ない場合は一度送信してみたり、直接問い合わせをしてみると良いでしょう。撮影においては光をしっかりと当て、指定の角度を維持し、手振れが生じないようしっかりと撮影することがポイントです。

カウンセリングの精度としては当然目視での診断よりも劣りますが、現在の状況や今後の対策のアドバイスをもらうことができるでしょう。

最終的にはクリニックに出向く必要があります

ただし、こうしたサービスを利用するにあたり、カウンセリングの段階を画像の確認で済ませても、それ以降の治療の段階に入った場合には必然的にクリニックに訪れる必要があります。

植毛は医師が自宅に出向くことができない種類の治療ですので、結果としてクリニックに訪れることになるのであれば、初期の段階から医師に直接会った方が話は早く進みます。恥ずかしいなどとあまり深く考えることなく足を運ぶのが本当は一番です。しかし、どうしても緊張してしまう、恥ずかしいという方はこういったサービスもあるので活用してみてください。

いきなりカウンセリングに出向くのではなく、一度メールを交わすというやり取りを行なうとクリニックに訪問しやすくなるのもあるでしょう。また、多くの場合は、クリニックのドクターから「一度カウンセリングにお越しください」とお誘いがあると思うのでそれに乗る形で訪問すると気持ち的にも楽かもしれませんね。

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ