ものづくりのプロ集団新亜光学工業株式会社で働く場合に知っておくと良い情報

>

物流の仕事もものづくりをするうえで大事

物流の仕事を自社で行う理由

防犯カメラをはじめとした光学製品はデリケートな製品である分、輸送時に壊れるリスクが増します。また、温度や湿度のズレにも弱く、品質管理の作業も欠かせません。

新亜光学工業株式会社は自社社員が物流の仕事をしますが、光学分野に詳しい社員が管理を行う分、トラブルが起きるリスクが下がります。また、運送会社に輸送を任せてしまえば、人任せになってしまい却って甘えが生じかねません。ものづくりのプロを目指すべく、お客さんに届けるまで責任ある仕事を行います。

新亜光学工業株式会社は2隻の船を所有しており、海外への輸送時に使用。場所によっては月単位の移動となりますが、航空便よりは破損のリスクが下がるため、今でも続けているようです。ちなみに帰国後は長期休暇が取得可能です。

他の仕事でも活かせる

物流の仕事に対して、単に商品を輸送するだけと考える人はいるかもしれません。しかし、新亜光学工業株式会社は、研究や製造の仕事をする人が物流を行う可能性がある会社です。

精密機械の輸送は温度や湿度管理、破損をしないような荷物の積み下ろしなど数多くの仕事を行います。顧客に商品の受け渡しや相談対応をする機会があるため、コミュニケーション能力も必要。また、より円滑に外国の顧客と取引を行うなら、通関士資格があれば大きな武器になります。

新亜光学工業株式会社で仕事をする場合、物流で得た経験は他部署でも活かせます。外国語が話せたり細かな気づきができたりなどする中で、きっとものづくりのプロに近づきます。そこで、採用後はさまざまな経験を積むのをオススメします。


この記事をシェアする