ものづくりのプロ集団新亜光学工業株式会社で働く場合に知っておくと良い情報

>

社員が働きやすい環境づくりを欠かさない会社

仕事をするならどのような人が良いか

複数の特許取得実績を持つ新亜光学工業株式会社は、積極的に特許申請を行う会社です。大学や大学院で工学系の研究をした人は、研究や開発の仕事をするうえで活かせる部分は多いはず。自分のアイデアが特許申請に使用された場合や製品化された時は、特に高いやり甲斐を感じるでしょう。

思うようにアイデアが出なかったり、実験をしても成果が出なかったりするケースもあります。失敗をした場合でも、次に活かせるバイタリティーがある人は好まれやすい傾向。しかし、社員に納得してもらうには、日頃から仕事で実績を残す必要があります。

新亜光学工業株式会社で研究や開発の職種に就いた後、製造や物流をはじめ他部署への異動があるかもしれません。ものづくりの仕事の1つと捉えて意欲的に取り組める人は、その道のプロになれる可能性が増します。

コミュニケーション能力も必要

研究や開発の仕事に対して、勤務時間中は研究室に籠って社員とアイデアを出し合ったり、データを算出したりするのをイメージするかもしれません。新亜光学工業株式会社の場合研究や開発の仕事以外に、他の職種の社員とコミュニケーションを図るのをとても大事にする会社です。

一人でも多くの社員とコミュニケーションをとれることで、より多くのものづくりにおけるアイデアが得られるでしょう。特に物流や営業の社員だと、顧客と接する機会があります。顧客が求めるものと上手にマッチングして製品化できると、新亜光学工業株式会社の売り上げアップが見込めます。

他の職種との業務理解ができる人は、他部署への異動や管理職に就いた時に活かせるはず。コミュニケーションが苦手な人でも、新亜光学工業株式会社は職場環境が良いため、きっと社員と気軽に話せます。


この記事をシェアする