AGA治療《自毛植毛》体験談 » アーカイブ

日本で薄毛に悩んでいる人の数と植毛を受けている人の数

読了までの目安時間:約 3分

日本国内では薄毛に悩んでいる方はどれくらいの人数が存在するのでしょうか?

まずこうした調査に関しては公的に行なわれた記録がありませんのではっきりとした統計がある訳ではないのですが、民間企業では非常に多くの調査が行われており報道発表されるケースも多くあります。

薄毛に悩んでいる人の人口

まず大手発毛関連企業が行った調査によると、国内ではご自身の薄毛を把握して悩みを抱えている方は男女合わせておよそ4200万人にも及ぶとされています。

現在の国内の総人口はおよそ1億2千万人ですので、その1/3ほどが悩んでいると聞くといささか驚きを感じます。調査においては10代から60代までの各年代層の方にアンケートを行ったもので、その数年前の調査と比較した場合に割合は5%ほど上昇したといいます。

薄毛に悩んでいる人の年代・年齢

続いてより細かな年代別の構成を見てみると、男性の場合は10代(15~19歳)は10%ほどに、また20代では13%、30代では21%とされています。

意外にも若い層でも悩みを抱えている方が多く、必ずしも年齢に関係したものだけでなく先天的な要素により抜け毛が生じるケースもあります。

続いて40代では33%、50代では53%、60代以上では60%にも登るとされ、このあたりの年代の場合は加齢による要因も大きいですが対処が遅れて薄毛がより大きく進行しているのです。

女性の場合

また女性については10代で7%、20代で12%、30代で20%となり、男性と比較した場合におよそ半数程度まで割合が少なくなり、これは性別が異なるため男性型脱毛症の影響を受けにくいことが要因として大きいと考えられます。

続いて40代で24%、50代で30%、60代で44%などと徐々に人数は増えて、やはり女性であっても老齢化の影響は避けることができないのです。

植毛を薄毛対策として取り入れている人の数は?

このように国内では薄毛に悩んでいる人の数は非常に多いのですが、その一方で解決の手段として植毛を受けている人はどれくらいいるのでしょうか。

この植毛に関しても正確な統計がなく、また民間企業でも植毛に的を絞った調査が行われていませんので実態をつかみにくい所ですが、国際的に行われた調査では日本を含むアジアの地域では年間に9万人以上が治療を受けているとされています。

アジア圏内では日本と韓国がクリニック数が多く技術的にも優れていますので、実質的にはこの2ヶ国の独壇場です。

ただ双方の人口比率で考えた場合にはやはり日本の方が割合として多く、国内で年間に施術を受ける方の人数は数万人単位に登るものと考えられます。

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ